顔見知りが多い塾に通う上での注意点

馴れ合いにならないよう注意する

個別学習塾はそれぞれの学力に応じて指導してくれるので苦手を克服したり、得意分野をさらに伸ばすために効果的です。しかし、学習環境によってはその効果が薄れてしまうので注意する必要があります。送り迎えなどの負担が少ない地元の個別学習塾を選択した場合、どうしても顔見知りの生徒が多くなります。この場合、顔見知りが多いと通うモチベーションが維持できるメリットもありますが、学校の延長線上になってしまい、話に夢中になって勉強に身が入らない恐れがあります。せっかく月謝を払っていても効果を得ることができないと通わせる意味がありません。実際、せっかく個別学習塾に通わせたのに仲のいい友達が茶々を入れて集中できず成績が伸びなかったという話を耳にすることがあります。

環境が整った塾を選ぶ

効果的に成績を伸ばせる個別指導塾を選ぶためには、顔見知りが多くても学習に集中できるような環境が必要です。塾を選択する検討材料の一つに講師の人数が挙げられます。講師の人数が多いと各生徒の特長を把握しやすく、管理をしっかり行ってくれます。集中できる時間や頭に入りやすい説明は生徒によって異なるので、講師が少ないとすべてを管理することは難しくなってしまうのです。ひとりひとりに向き合った指導をしてもらえるように、指導力以外に学ぶ環境が整っている塾を選ぶことで効果的に学力を伸ばすことができます。塾のパンフレットを読んだり説明を受ける際には、講師の人数と生徒の性格をどう管理しているかを質問するのもいいかもしれません。

Close
Menu